溶岩プレートで黒豚のステーキはすてき(べたべた)

f0070546_174155.jpg見てください!!

すごいでしょ? 黒豚のステーキです。

もうもう、おいしそーじゃありませんか?

え? この間、こんなお肉は食べないと言ってたじゃないか?

おっしゃる通りですが、これはお仕事用なので特別。

珍しくかごしま黒豚ステーキのご要望をいただきました。


f0070546_19353.jpgしかも、こんなもので。

これ、何かおわかりですか?

そう、桜島の溶岩を切り出して作った「溶岩プレート」。

これで焼くと、あまり煙が出なくて焼肉が出来ちゃう、というもの。

いつもおもしろいなーと思いつつ、買えなかったのは、何しろ石なので重い。

手が小さくて握力がない私としてはあまり重いものは敬遠しがち。

というわけで、今までお店ではこれで焼いたお肉を食べさせて
いただいたことがあったのですが、自分では使ったことがなく。

テレビのロケで使いたいということで、いきなり使ったことのない
プレートで焼くのはあまりにも無謀な気がしたので、
自分で購入して焼き加減を見た、というわけです。

いわゆる鉄板とも陶製のグリルプレートとも違います。
おもしろーい。きれいに焼けましたが、いろいろと焼いてみたくなる
不思議な石ですね。ピザとか焼けないのかな。

そう、そらまめもきれいに焼けました。とってもおいしい。

お肉は「かんだ」さんで買って来たんですよ。うふふふ。

あ、前にこのプレートで焼いて食べさせられたのは「ワニ」でしたワニ。
[PR]
by r-work | 2007-01-17 01:19 | かごしまな話
<< 「いただきマッスル」で北斗晶さ... ル・カドーのパン >>