鯛ピラフ、煮豚、水菜とかぶのサラダほかでおもてなし

f0070546_2032923.jpgf0070546_2034868.jpg
f0070546_2034452.jpgf0070546_20352349.jpg
f0070546_20384123.jpgf0070546_20391418.jpg

ちょっとしたランチのおもてなし。
野菜を中心に用意しました。
どれも手のかからないものばかりです。

【本日のメニュー】
①煮豚(小松菜・イエロートマト)
②たこのねぎあえ(春菊、ねぎ、くるみ)
③かぶと水菜のサラダ(紫玉ねぎ)(らっきょうドレッシング)
④はじかみしょうがの豚肉巻きフライ
⑤鯛ピラフ(舞茸、玉ねぎ)
⑥菜の花といわしボールのお吸い物

【作り方のポイント】
①豚ロース肉の塊を油で焼き付けて、お湯をかけて脂を落とし、改めてお湯をひたひたに加えて、ねぎの青いところ、しょうがの薄切り、八角1/2個を加えて紹興酒1/2カップを加えて煮立て、砂糖大さじ2、しょうゆ1/4カップを加えて煮る(途中でねぎは除きます)。小松菜は油を少し落としたお湯で塩ゆでして下に敷き、トマトは半分に切って飾る。
②ゆでだこ、白ねぎは薄切り、春菊は葉だけちぎっておく。ねぎは水にさらす。塩、こしょう、ごま油であえ、くるみを炒ったものを散らす。
③水菜はざく切り、かぶと紫たまねぎは薄切り。らっきょうは細かく刻み、しょうゆ、オリーブ油、ワインビネガー、ゆずこしょうでドレッシングを作る。
④はじかみしょうがを塩こしょうした薄切り豚肉で巻いてフライにする。
⑤塩をした鯛はオリーブ油でこんがり焼いて取り出し、玉ねぎのみじん切り、舞茸をさっと炒めて、洗った米に昆布だしを入れ、具を加えて塩、こしょうして炊く。
⑥いわしのつみれをボールにしてゆで、菜の花と吸い物を作る。

鯛ピラフ、おいしかった(自画自賛だけでなくお客様にも高評価)。
個人的にはたこのねぎあえが好きでした。
デザートはまたアップします。
おいしいおみやげもいただいたので、そのお話もまた。
[PR]
by r-work | 2007-01-27 21:11 | イベント料理
<< 「LAPUTA BOTAN」で... 日置市伊集院町の「ラ・ビアンド... >>