酒膳あぜちの満足1000円ランチ

久しぶりに母を連れて「酒膳あぜち」に行きました。

前回はお煎茶を習っていたお家元にお誘いいただいてごちそうになった
のでしたが、このお店には20数年前から通っています。
ランチは特に私世代以上の女性に人気があるようです。

もともとは母が習っていた陶芸の先生から、作品を使っているお店として
紹介されたのが最初で、一度行ったら気に入って、鹿児島らしい味わいが
好みでしたので、東京から遊びに来た友人知人なども連れてよく行きました。

その後、全国誌の仕事のときにもこのお店はよくご紹介して、全国発信。
ご主人に感謝していただき、薩摩切子の金赤のぐいのみまでいただいたことを
懐かしく思い出します。

20年以上も前から、今、盛んに言われている「地産地消」を提唱されて
いた方で、鹿児島のものを使い、近海の魚を使うことを心がけていらして、
何でも手作り。日々使うおみそや、からすみ、辛子明太子といったものまで
つくっていらして、おみやげ品もあるくらい。研究熱心です。

決して広くはないお店なのですが、ランチどきは行列ができるのも納得できる
1050円でも充実コースが人気です。

1050円にはお刺し身、お刺し身と鮃のあんかけ、お刺し身と黒豚みそ
炒めがあり、いつもお刺し身なのですが、黒豚みそ炒めを頼んでみることに。
f0070546_7122842.jpgf0070546_7132435.jpg
写真がうまく写せなくて申し訳ないのですが、最初におつけものといりこの佃煮、もずくののったサラダが来ました。実際はお漬け物も大ぶりだし、サラダも結構ボリュームがあります。

右側は生落花生の入った煮しめ。鹿児島らしい組み合わせとしみじみとした味わいです。
f0070546_714787.jpgf0070546_7143353.jpg
お刺し身コースだとお刺し身の量はかなりボリュームを感じますが、こちらでも二種類のお刺し身がかなり入っていて、盛り付けもユニーク。お刺し身の上に大根のつま、さらにつくしがのせてありました。これだとつままでおいしく食べられる気がして好きです。

お味噌汁は白身魚のみそ汁でボリューム満点。大ぶりの器で供されます。黒豚みそ炒めはやはりみその味がおいしい。

f0070546_7151174.jpgこれだけでも満足するのですが、ちゃんと抹茶アイスのデザートもついていて1050円なのです。

これに茄子田楽や、サーモンの照り焼きとイクラ、野菜とえびのかき揚げがつくと1575円、さらに1890円、2625円など上にはまだコースがいろいろ。

この組み合わせは20年以上前から同じなのではないと思いますが、何度食べても納得できるのは、鹿児島のおいしい素材を十分に知って使いこなし、気取りがなくて質実。そんなところにある気がします。

無骨な感じのする男性のダイナミックさもありますが、店内には花もたえず、見事な桜が天井にまで届くようにいけられていたりします。

盛り付けにも生かせるように板前さんたちにお花を習わせていると、以前におっしゃっていました。名前通り、夜のお酒と共にも、もちろん、おすすめ。

=================
■酒膳あぜち
099-225-6388
鹿児島市千日町13-3 
日曜日休 駐車場なし
カウンター、テーブル、座敷
11:30~14:00 17:00~22:00
[PR]
by r-work | 2007-02-14 07:15 | かごしまな話
<< みそしょうゆ工場の直売所・マルニ 藤川天神の梅はまだ? 桜はもう... >>