2007年 01月 21日 ( 1 )

タケノコと山椒の佃煮のちらしずし、桜島大根の煮物

f0070546_19592866.jpgきょうはタケノコと山椒の佃煮を入れたちらしずしです。

彩りに錦糸卵と鮭のそぼろをのせました。

山椒の佃煮がアクセントになっておいしいんですよね。

実はほかほかのおすし。

きょうはあたたかかったのですが、やはりまだ冷たいおすしよりあたたかい方がおいしいかな…と思いまして。

それから桜島大根と骨付き地鶏のぶつ切りを煮たもの。みそ味です。


f0070546_209916.jpgふだんには桜島大根を使うことはあまりありません。

と、いうのもお値段がとてもいいからで、1本が千数百円以上しますから、どうしてもお使いものの印象があるんですよね。

まあ、葉つきでなければ、1/4カットで400円程度というのも見かけますが、それにしてもふつうの大根と比べると、お高い。

時期も冬場の短い間だけのものですし。つい使い忘れることも。

でも、先日の撮影のときに桜島大根を使うことになり、久しぶりに煮物を作ってみて、改めて、煮ものにこれほど向いた大根はないなあと、そのおいしさを再確認。

面取りなんかしなくても、煮崩れせずに、それでいて、味がしみて、やわらかーい仕上がりなんですよね。おいしい~。

というわけで、地鶏と煮てみましたが、やはりおいしいです。

今度はおでんに使ってみようかなあ。きっと味がしみておいしいはず♪

f0070546_20215596.jpgf0070546_2023317.jpg
[PR]
by r-work | 2007-01-21 20:37 | かごしまな話