カテゴリ:シンクロクッキング( 6 )

黒豚のソテー・かつおの塩辛風味サラダ

なんだか、最近、工夫がないっていうか…。

ちょっと反省気味の食卓ですが、まま、懲りずにサラダ仕立てです。

でも、ちょうどシンクロのお題が「豚肉」だそうですから、このまま出しちゃおうっと(笑)

f0070546_7554363.jpg黒豚をソテーしただけのもので、お恥ずかしいんですが、とりあえずの「豚肉料理」(汗)。

先日、鹿児島県経済連の直売所で手に入れた鹿児島産食材のオンパレードに…って、ほうれん草で肝心な豚肉が見えてないし…(汗2)

材料は黒豚、キャンビーの赤と黄色(鹿児島産のカラーピーマン)、とっても肉厚の生椎茸、サラダほうれん草、鹿児島県枕崎産のかつおの塩辛、にんにくです。

できあがりには桜島小みかんのノンオイルドレッシングをかけましたが、これが
さっぱりしていて塩辛で少し風味をつけた豚肉にもとっても合いました。
豚肉と酸味のある果物って相性がいいですよね♪

薄口しょうゆ、濃口しょうゆ、玉ねぎ、青切りのみかん果汁が入っている
ドレッシングで、自分でも作ってみたい味かも。

塩辛はアンチョビのように使えますが、アンチョビとは違って少しやさしい
味わいのような気がします(お好みだとは思いますが)。

作り方です。
①にんにくは薄切り、黒豚のしょうが焼き用くらいの厚みのある豚肉は
 塩・こしょうし、キャンビー、肉厚の生椎茸、ほうれん草は食べやすく切る。
②フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて火をつけ、温まって香りが出たら、
 黒豚を入れてソテーし、生椎茸も加えて炒め、脇にかつおの塩辛を入れて
 豚肉を中心になじませ、最後にキャンビーを入れて全体を合わせる。
③器に②を盛り、サラダほうれん草をのせ、好みのドレッシングをかける。
[PR]
by r-work | 2007-02-04 08:10 | シンクロクッキング

シンクロクッキング・白菜たっぷりの肉だんご炒め

シンクロのテーマ、白菜に決まったことをよく確認してなくて、
またまた出遅れてしまいました。あはは。

f0070546_1657954.jpg白菜はスープ仕立ても好きなのですが、同じ材料で炒めるのもかなり好きです。

というわけで、これは豆腐を入れた肉だんごの炒め物。

肉だんごが面倒なときは薄切りの豚肉でもよく作ります。

レシピはこちら
[PR]
by r-work | 2006-12-06 17:05 | シンクロクッキング

イカ入りぎょうざのピリ辛スープ鍋

f0070546_0263239.jpgこの間もスープぎょうざでしたが、こちらは鍋仕立て。野菜がたっぷり入ります。

が、鍋につきものの白菜ではありません。

葉野菜は水菜とレタスとサラダ菜です。

まるで、サラダのようですなあ~。

レタスのスープがお好きな方ならわかっていただけると思うのですが、おいしいんですよ。

もちろん、火の通しすぎはご法度。さっとあたためる程度でスープごと、しゃきしゃきいただきます。

きょうのスープは野菜ブイヨンと鶏のガラスープに、
酒、オイスターソース、ナンプラー、豆板醤、塩で
味をつけたもの。

ぎょうざにはイカが入っていて、海鮮風味。
エリンギとねぎも入れました。

ピリ辛エスニックのスープでほっかほかです。。
[PR]
by r-work | 2006-11-10 00:27 | シンクロクッキング

やめられないとまらない、カッパ…? きゅうりの漬物

f0070546_1131353.jpg

もう、なんだいまごろー? なのですが、シンクロクッキングの夏野菜がテーマのとき、大人気だったzazaさんきゅうりのお漬け物

傷みやすい夏のきゅうりが長持ちして、しかもかなりおいしいらしい。

作りたいと思っていたのですが、きゅうりを買ってもすぐに別の用途に使ってしまって、なかなかお漬け物を作るだけの量を確保できずにいたのでした。

が、買い物に行ってみると、なんときゅうり4本で98円という特価~。

すぐに「あ、これでzazaさんのお漬け物が作れるぞ~」っと、
喜んで、今頃になって作ったというわけです(気が長すぎるよ)。

zazaさんの作ってらしたのは薄切り。でも、「切り方で味が変わるのよ」って
おしえていただいたので、私は豪快なさつま人らしく? 半割りをさらに
ぶつぶつ切った、ごろごろサイズでやってみることにしました。

えー、単に時間がなかったということなんですけども。
さらに、もう夜なかでしたので、3回かける、という手間も惜しんで、
1回で少し煮るようにしてそのまま漬け込みました。

お酢は鹿児島産の黒酢。砂糖は黒糖。にんにくも入れちゃいました。

うーん。切り方は違えども、この調味液の割合がおいしいのね。
酸味のバランスがほどよくて、ぱりぱりと食べ過ぎてしまう~。

8本も使ったのに、なんだかあっと言う間に減っちゃって。あ~あ。

いやー、おいしいっ。
zazaさん。、ほんとにごちそうさまでしたー。

※作り方が知りたい方は上↑の「きゅうりのお漬け物」というところを
クリックしてくださいね。zazaさんの画像つきの丁寧な作り方に
リンクさせていただいています。
[PR]
by r-work | 2006-11-09 01:17 | シンクロクッキング

うまみたっぷり、鯛のアラスープ鍋

f0070546_1875730.jpg鯛のアラはおいしいスープができるので、アラ炊きにしないときは、アラ汁をよく作ります。

スープがしみ滋味おいしくて、アラの白身がほろりと解けて、スープと野菜とがコラボして、ほんとにうまうま。冬の定番中の定番メニューですが、これは具だくさんにして鍋仕立てにしてみました。

鯛のアラは塩をしてしばらくおき、よく洗って水気を拭き、沸騰しただし汁(昆布でとったもの)に入れて、酒と塩を入れて、ことこと煮ます。

これで鯛のうまみをたっぷり出したスープを作ります。

このまま塩と香り付けに薄口しょうゆを入れて、でもいいし、みそもよく合います。

お豆腐やえのき、ねぎ、ほうれん草などお好みで加えて、汁ごとどうぞ。
だしがうまっで、鯛の身がほろりっ。おいしいですねー。

ごはんにかけても雑炊でも、もちろん、めんにもよく合います。

うどん、ラーメンどっちでもよさそう~。

んがっ、母はいきなり、このスープをすくい、キャベツのサラダの上に
どばどばっとかけました(よろっ)(がくっ)

その手を引き止め、「サラダの上にはかけないで…」と言う私。
「なんで?」と、けげんそうな母。

「なんで?」と言われたら、「おいしくないもの」しかないのですが、
そういう説明ではまったく納得しない母。さらに「なんで?」

うーん。おそるべし、ボキャブラテストのようでござる。

ここで、うまーい言葉が出てきたらご立派ですが。

自分の脳力も、もはやこれまででござろうかぁぁ。(なんのこっちゃ)

修業の道、はるかなり。
[PR]
by r-work | 2006-11-08 18:16 | シンクロクッキング

ひさびさのシンクロは「とんこつ」で。

f0070546_1627542.jpg先月、オチこぼれて、シンクロに参加しなかったので、今月こそはと、鹿児島の煮込み料理の決定版「とんこつ」を作りました。

で、どんなお料理かとご説明いたしますると、これが、骨付きの豚肉(豚骨)を鍋にぶち込んで、がーっと焼付け、そこに焼酎をどばーーっとかけて、ファイア~♪と、アルコール分を飛ばし、そこにお湯をどばっとかけて、ぐつぐつ煮込んで、大根やこんにゃくをぶつぶつ切って放り込み、みそと黒砂糖でがんがん煮ると…、まあ、野外の男の料理ってやつですねぇ。

私のようにアバウトな人間(←アウトドアな人間ではないけど)にはぴったりですわぁぁ。

長時間煮込むので、豚骨が骨からほろりと崩れ落ち、
大根やこんにゃくのうまいこと、うまいこと~。

ごはんにも焼酎にもバッチリ♪ うみゃーい(いつもの自画自賛)

f0070546_16301918.jpg

そして、内緒ですが、きょうのこのとんこつに使った焼酎はですねー。
なあんと、あの「村尾」です。1本が2万円近くしちゃうという~。

なんでそんな贅沢をしたかというと、焼酎がこれしかなかったとです。
そのせいか。おいしさもかなーり。…言ったもん勝ちですなー?

豪快な作り方?
[PR]
by r-work | 2006-11-05 16:30 | シンクロクッキング