カテゴリ:手入れ知らずの庭( 3 )

シクラメンなわが家

f0070546_12491822.jpgf0070546_12514974.jpg
母が好きな花がシクラメンで、我が家の環境に合っていて、
手間がまったくかからないのが「シクラメン」。

ということで、外だけでなく、家の中もシクラメンがたくさん。
右側はパンジーの方が目立っちゃっていますが、ほんとは
もっともっとたくさんあります。

左側のシクラメンが入っているのは、母手作りの陶器。
実は長く陶芸をしていたので、母の作品もたくさんあります、

母がかさ立てにするつもりで作ったものですが、私は鉢カバーに。

お花を山ほど生けるときも活躍してくれます。なかなか見事。

f0070546_12495850.jpgこちらも室内用ですが、大きさはいろいろ。

手前のふたつはかなり小さくてかわいいのでお気に入りです。
小さなカップにちょうどいいサイズ。

小さめのものはガーデンシクラメンと呼ばれるのが一般的ですが、右手前はマイクロシクラメンと呼ばれるもの。

大きさ比べをしてみますと…。

f0070546_12591767.jpg

ほら、こんな具合です。

シクラメンもほんとにいろいろ。もっと彩りも増やしてみたいものです。

前の年のものもまたちゃんと咲くので、そういう点でもお得なシクラメンですね。

外に置いておくものはじゃぶじゃぶというくらい、お水をたくさんあげなくてはならず、室内は水は少しでいいという育て方の違いはありますが、結構、手いらずなのが私向きです。
[PR]
by r-work | 2007-02-12 19:01 | 手入れ知らずの庭

かなりすっきり。

f0070546_20362116.jpg貸し出ししていた高枝切りばさみを私に返却せずにベトナムに兄が行ってしまっていたので、ほとんどやけっぱち? で、剪定をお願いした私。

そりゃプロの方がきれいになります、当然。
わかっていても、もったいないな~と思ってしまう。

まあ、自分の好みの庭ではなく、よくありがちな植木たちが入っている
ふつーの庭のせい、ということもあるんだと思いますが。

きっと自分好みに作った庭なら、気合も入るんだろうなあ。決して、ガーデニングが嫌いというわけではないんです(かなり言い訳)。

でも、ほんとにすっきりしました。

長髪が腰までのび、無精ひげで顔の輪郭さえも年齢までも定かでない、
そんな男性が、いきなり坊主にしてスーツを着ましたって感じ。

だけど、このひと、就職はどうかなあ。なんとなく貧乏くさいんだもの。
…って感じ。

すっきりはしたけど、なんだか寒々しくて…。

とりあえずは、玄関近くだけ、少し彩りを持たせています。

f0070546_203270.jpgf0070546_204530.jpg
[PR]
by r-work | 2007-02-07 20:38 | 手入れ知らずの庭

新春の朝焼けの風景

年末に必死で掃除をしたんですが、時間切れであきらめたのが庭の手入れ。

というわけで、

f0070546_1022617.jpg木がじゃまでございます。

桜島も隠れてしまいます。


f0070546_10224797.jpgでも、こうして朝焼けを見るのはちょっといい感じ。

手前が桜島の稜線で奥が大隅半島の山々。重なった陰影がきれい。


f0070546_10232668.jpg桜島のすそのの先には、こんな島が見える風景も。

それにしても剪定が必要です。兄貴、高枝切りぱさみを返しておくれ。
[PR]
by r-work | 2007-01-14 10:13 | 手入れ知らずの庭