<   2007年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

焼き豚肉とねぎの巻き巻きサラダと、そぼろのせクッパ

ここのところ、ちょっぴり韓国してます。

キムチの前に焼き豚肉の巻き巻きサラダとクッパを作っていました。

f0070546_15145422.jpg黒ごまをすったたれをつけて焼いた豚バラ肉と、春菊とねぎをちょっぴり酸っぱ辛いたれであえたものと一緒にグリーンリーフで巻いて食べるサラダです。

小さなすり鉢ですったすり立てのごまを使うと、それだけでおいしさが違うみたいな。

うちではしょっちゅう出てくる春菊の葉のサラダ。

お好きではない方も多いようですが、食べてると何だか血がきれいになる気がして大好きなんです。これだけ野菜を食べたら、かなーりきれいになった…はず?


f0070546_1515429.jpgこちらはクッパ。

シンプルな鶏がらスープかけごはんですが、そぼろをちょっぴりのせるだけでおいしさアップしちゃいますね。

そぼろは作っておくとちょこっとごはん、ちょこっとめんを食べるときに役立つ、なかなかいい相棒? ですね。

つくりかた
[PR]
by r-work | 2007-02-15 15:23 | まいにちのごはん

自家製お手抜きキムチふたたび

f0070546_14401743.jpgこんな風にちょっぴり大根を干してみたり、白菜を干してみたりしていた後は、浅漬けだったり、自家製キムチを作ります。


f0070546_22102958.jpgこのキムチは手の込んだ本格的なものではなく、フードプロセッサーでがーっとまぜてキムチのもとを作ってまぜるだけの超お手軽版。

まあ、こんなニセモノでいいのかしらんと思いつつも…。

ロンドン在住のmelocotonさんが先日、作ってますよとご紹介してくださり、とってもうれしかったのでした。ありがとー、melocotonさん。

レイコさんのレシピ、世界に広がる…いい過ぎでした(反省)。

ま、とにかく、手軽なことは間違いありません。

今回はヤンニョンジャンやかつおの塩辛なども入れてアレンジしました。

melocotonさんのアレンジもなるほどでしたので、ぜひともご参考に。
アーティチョークをキムチになさったり、とっても楽しいですよ♪

みなさまのオリジナルであそんでみてくださいませ。

f0070546_22204175.jpgもともとのキムチのもとレシピはこちらにあります。

生の白菜や大根の場合は干したり、塩でもんでしばらく重石などして浅漬けに
してからの方がおいしく仕上がりますよ。
[PR]
by r-work | 2007-02-14 22:24 | まいにちのごはん

ハッピー・バレンプリンヤ・デー♪

えーと、片手で足りる当ブログの男性ブロ友のみなさま、こんばんは♪

女性天国の当ブログに? 大変、貴重なる男性のコメントを
書き込んでいただくことに、心から心から感謝しておりますので、
本来なら拝顔の上、お礼のキスとともに、手作りチョコをさしあげ
なければならない日でございますが、ほんとにそんなことをしたら、

「くぉのーっ、ストーカー女がーーっ! キモイわっ」

と、飛び蹴りをされかねないことがわかっておりますので、
自粛して、このようなプレゼントをご用意いたしました。

題して「ハッピー・バレンぷりん

…しーん…あ、そこのあなた、どん引きしないように。おーほほほ。

f0070546_1661539.jpgモテモテのみなさまのことですから、チョコレートもきっと食べ飽きていらしゃると思いましたので、バレンタイン特別レシピのプリンにいたしました。

スウィートなスウィートポテトプリンでございます。

えー、日本語に訳しますとですね。焼き芋の焼きプリンってことですね(訳さんでもええて)。オーブンで石焼イモ風に焼いたサツマイモを入れました。

これがですねー、なかなかに、うまうまでございます。

お申し込みはこちらから========================

というわけで、私の本当のプレゼントは、ハッピーバレンぷりんの作り方。

このプリンの作り方を知りたい~という右手で余る? 男性ブロ友さまには、
このプリンのレシピを差し上げます。

そんならまあ、そのレシピとやらをもらおーじゃないかという方は、
レイコさんの台所ノート「ハッピーバレンぷりんレシピ」係まで、
おはがき、もしくはメール…ではなく、ふつうコメもしくは鍵米で
お申し込みくださいませ♪ …え? うれしくない?
それじゃあ、ま、知りたいレシピがあったら教えるってことで…なんでもええわよん(汗)
[PR]
by r-work | 2007-02-14 16:20 | たまなデザート

みそしょうゆ工場の直売所・マルニ

f0070546_962484.jpgf0070546_97658.jpg
東郷町に行くついでに、樋脇町のマルニに寄りました。

創業100年を超えるみそしょうゆの工場兼直売所です。

今回はいつものように生みそと、ごまドレッシングに、豚味噌のごましょうが入り、
先日いただいて気に入ったしょうゆの実と似たものがあったので、購入しました。

鹿児島の豚みそは、ごはんにとっても合うし、日持ちもするので
おみやげにもお惣菜としてもよく販売されています(自分でも作りますが)。

以前に買ったこちらの豚味噌は父が気に入って買ったんだったなあと懐かしく。

豚味噌は父の大好物だったのです。

ごはんとごはんの友さえあれば大満足の父。
凝った料理など全く喜ばず。さらに焼酎さえあれば生きていけたかも…。

ごはんは好きだけどおみそ汁は嫌い。焼き魚をすればちゃんと食べられない
ので身をほぐして出さなければだめだったし、カレーを作っても、うなぎ丼を
しても食べない。とんかつなど出せば、張り倒されそうだった…フライや揚げ物は
気分が悪くなると、眉間にしわを寄せて嫌がり、「ごはんよ」と書斎に呼びに行けば、
「いまは食べんっ」と怒鳴られ、仕方なく用意したごはんを片付けると、5分後には
食卓にやってきて「早く出さんかっ」と怒鳴られる。くーっ。手のかかることが…。

逆に母はカレーなどしないと機嫌が悪く、カレーを食べてないと怒り出す…。

なので、父と母に別々に料理を作っていたのでした(大変なのよ~、一度に
出す料理の品数が15品とかあったもの…ぶーぶー)。

そして、ここのおみそで作ったおみそ汁は、母がやっていた料理教室で
大人気だったと懐かしく。みなさんがおみそをほしがったのでした。

父は亡くなり、母は何も覚えてはいない今。
ときの流れは早いものだと、ちょっとしんみり(年をとったレイコさん)。
でもさ、アジアン料理とか大手を振って作れるのは幸せ(おとーさん、ごめんなさい)。
父が生きていたら、そんなまねできなかったかもかも鴨。

はっ、もしや…。振り返れば、まるきり1年前にここに行ってました。
早いもんですのぉ…(気分はすっかりおばあちゃん)(なんでなん?)

============================
■マルニ(新原味噌醤油工場)
0996(21)0202
薩摩川内市樋脇町市比野141-1
無休 駐車場あり
[PR]
by r-work | 2007-02-14 12:23 | かごしまな話

酒膳あぜちの満足1000円ランチ

久しぶりに母を連れて「酒膳あぜち」に行きました。

前回はお煎茶を習っていたお家元にお誘いいただいてごちそうになった
のでしたが、このお店には20数年前から通っています。
ランチは特に私世代以上の女性に人気があるようです。

もともとは母が習っていた陶芸の先生から、作品を使っているお店として
紹介されたのが最初で、一度行ったら気に入って、鹿児島らしい味わいが
好みでしたので、東京から遊びに来た友人知人なども連れてよく行きました。

その後、全国誌の仕事のときにもこのお店はよくご紹介して、全国発信。
ご主人に感謝していただき、薩摩切子の金赤のぐいのみまでいただいたことを
懐かしく思い出します。

20年以上も前から、今、盛んに言われている「地産地消」を提唱されて
いた方で、鹿児島のものを使い、近海の魚を使うことを心がけていらして、
何でも手作り。日々使うおみそや、からすみ、辛子明太子といったものまで
つくっていらして、おみやげ品もあるくらい。研究熱心です。

決して広くはないお店なのですが、ランチどきは行列ができるのも納得できる
1050円でも充実コースが人気です。

1050円にはお刺し身、お刺し身と鮃のあんかけ、お刺し身と黒豚みそ
炒めがあり、いつもお刺し身なのですが、黒豚みそ炒めを頼んでみることに。
f0070546_7122842.jpgf0070546_7132435.jpg
写真がうまく写せなくて申し訳ないのですが、最初におつけものといりこの佃煮、もずくののったサラダが来ました。実際はお漬け物も大ぶりだし、サラダも結構ボリュームがあります。

右側は生落花生の入った煮しめ。鹿児島らしい組み合わせとしみじみとした味わいです。
f0070546_714787.jpgf0070546_7143353.jpg
お刺し身コースだとお刺し身の量はかなりボリュームを感じますが、こちらでも二種類のお刺し身がかなり入っていて、盛り付けもユニーク。お刺し身の上に大根のつま、さらにつくしがのせてありました。これだとつままでおいしく食べられる気がして好きです。

お味噌汁は白身魚のみそ汁でボリューム満点。大ぶりの器で供されます。黒豚みそ炒めはやはりみその味がおいしい。

f0070546_7151174.jpgこれだけでも満足するのですが、ちゃんと抹茶アイスのデザートもついていて1050円なのです。

これに茄子田楽や、サーモンの照り焼きとイクラ、野菜とえびのかき揚げがつくと1575円、さらに1890円、2625円など上にはまだコースがいろいろ。

この組み合わせは20年以上前から同じなのではないと思いますが、何度食べても納得できるのは、鹿児島のおいしい素材を十分に知って使いこなし、気取りがなくて質実。そんなところにある気がします。

無骨な感じのする男性のダイナミックさもありますが、店内には花もたえず、見事な桜が天井にまで届くようにいけられていたりします。

盛り付けにも生かせるように板前さんたちにお花を習わせていると、以前におっしゃっていました。名前通り、夜のお酒と共にも、もちろん、おすすめ。

=================
■酒膳あぜち
099-225-6388
鹿児島市千日町13-3 
日曜日休 駐車場なし
カウンター、テーブル、座敷
11:30~14:00 17:00~22:00
[PR]
by r-work | 2007-02-14 07:15 | かごしまな話

藤川天神の梅はまだ? 桜はもう咲いた…?

f0070546_16524758.jpgきのう、どこかに母を連れて出かけなくてはと思い、まだ早いかもと思いつつ、ブロガーさんのところで、きれいな梅の花を見かけるようになったので、「藤川天神」に出かけてみることにしました。

薩摩川内市東郷町にある「藤川天神」は樹齢およそ1000年、国内最大規模の臥龍梅(国指定重要文化財)が有名です。白梅がある程度は咲いてはいますが…。

f0070546_16532534.jpg淡いピンクの花をつけるはずの臥龍梅は…、あっれー?

まだまだでした。…やっぱりね。枝だけを観察。枝ぶりはさすがですね。あはっ。

ただし、梅だけが目的ではありません。こちらは菅原道真を祭っている神社なのです。

道真公は太宰府に左遷されたのち、さらに逃れて藤川北野に来て没したと伝えられ、道真の墓と伝えられる塚もあり、道真公が植えた1本の梅が茂って150本になったとも。

というわけで、学問の神様として合格祈願に訪れる人が多く、私もこれから本番の姪たちの受験に合格祈願をしようと思って訪れたというわけです。

f0070546_172411.jpg神社に参ろうと歩いて行くと、境内にはす、すばらしい…桜が。

あっれー? 桜が梅より先~?

でも、梅が咲いてなかった分、うれしい花盛り。

f0070546_1795745.jpgきれいですねえ。

もう春だなあという気分になってしまいました。

姪たちにとって、うれしい春となるとよいのですが。合格を祈りました。

帰りに合格祈願したお守りと、合格(五角)鉛筆セットと開運まんじゅうを姪たちふたりに持って行くと、兄夫婦に呼びつけられてふてくされて玄関に出てきた姪たち。

お守りを渡してもにこりともせず、「うざってー」という顔をされちゃいました(難しいお年頃なのね)(おばちゃん報われず)。

f0070546_1712408.jpg藤原天神で「梅が枝餅」を発見。

…あっれー? ここは太宰府~?

姪たちに買ってあげたいと思ったけれど、母に「ちょっと待って」と言っても待つことなんかできるわけもなく。仕方なくあきらめました。

ここで働く方たち、みなさん中国語のようで。中国の方たちが焼く「梅が枝餅」なのかしらん。少し取材してみたい気分でした。

太宰府の梅が枝餅のおいしそうな画像が見たい方はriccaさんのこちらをどうぞ。

f0070546_1728892.jpg西郷さんの飼い犬「ツン」の銅像もあるんですよ。

西郷さんといえば、うさぎ狩りに犬を連れている上野の銅像が有名ですが、
その犬こそ、この藤原天神でであったという「ツン」ちゃん。

うさぎ狩りが得意な犬で西郷さんが気に入って連れて帰ったのだそう。
馬1頭とお金までつけたというのですから、西郷さん太っ腹~。

f0070546_19585691.jpg藤原天神までたどりつく道の脇には梅がたくさん。見事な梅を咲かせている個人のお宅もあったので、車から楽しむことができました。

臥龍梅はまだでも梅のお花見は結構、楽しめました。


きょうの介護ふだん記
[PR]
by r-work | 2007-02-13 20:52 | かごしまな話

のどにいい「大根あめ」

f0070546_20375966.jpgf0070546_20383612.jpg
風邪の民間療法「大根あめ」。久しぶりに作りました。

睡眠、水分、ビタミンC、口腔洗浄が風邪予防対策。そのおかげで、一昨年から、
一度も風邪をひかず、高熱で寝込むことが一度もありません。

疲れで具合が悪いことはありましたが、それまでのようにせきやのどの痛み、
鼻ぐしゅぐしゅなど、一度もなくなりました。

ほーほほほほ。風邪薬代金を節約…?

なので、作る必然はないのですが、これは記事用なのでした。

ビタミンCとともに、でんぷんの分解酵素である「アミラーゼ」を多く含んでいる大根は
胃もたれなどによく、健康効果の高い野菜であることは、よく知られていろところ。

大根のビタミンCは皮に多く含まれているので、皮ごと切ってはちみつに漬けると、
はちみつの抗菌・保湿作用とともに、のどにいい「大根あめ」ができあがります。

のどが少しイガイガしているときはいいようですね。

【大根あめのつくりかた】
①大根は洗って、皮ごと1cm角に切り、びんに入れ、はちみつをひたひたになるまで注ぐ(左)。

②1時間ほど置くと、大根の水分が外に出るので、その汁をそのまま小さじ1
ほどを1日数回飲むか、飲みにくい場合はお湯を注いで薄めて飲む(右)。

この大根は皮が紫ががったものなので、ポリフェノール効果が
あるかもと、使ってみました。

のどはイガイガしてませんが、大根とはちみつの美容効果を
期待して飲みましょっと~。
[PR]
by r-work | 2007-02-13 20:50 | 放置プレイ倶楽部

シクラメンなわが家

f0070546_12491822.jpgf0070546_12514974.jpg
母が好きな花がシクラメンで、我が家の環境に合っていて、
手間がまったくかからないのが「シクラメン」。

ということで、外だけでなく、家の中もシクラメンがたくさん。
右側はパンジーの方が目立っちゃっていますが、ほんとは
もっともっとたくさんあります。

左側のシクラメンが入っているのは、母手作りの陶器。
実は長く陶芸をしていたので、母の作品もたくさんあります、

母がかさ立てにするつもりで作ったものですが、私は鉢カバーに。

お花を山ほど生けるときも活躍してくれます。なかなか見事。

f0070546_12495850.jpgこちらも室内用ですが、大きさはいろいろ。

手前のふたつはかなり小さくてかわいいのでお気に入りです。
小さなカップにちょうどいいサイズ。

小さめのものはガーデンシクラメンと呼ばれるのが一般的ですが、右手前はマイクロシクラメンと呼ばれるもの。

大きさ比べをしてみますと…。

f0070546_12591767.jpg

ほら、こんな具合です。

シクラメンもほんとにいろいろ。もっと彩りも増やしてみたいものです。

前の年のものもまたちゃんと咲くので、そういう点でもお得なシクラメンですね。

外に置いておくものはじゃぶじゃぶというくらい、お水をたくさんあげなくてはならず、室内は水は少しでいいという育て方の違いはありますが、結構、手いらずなのが私向きです。
[PR]
by r-work | 2007-02-12 19:01 | 手入れ知らずの庭

韓国風辛味焼き豆腐、ほたてと白菜のうまみ煮

f0070546_10281053.jpgf0070546_10285120.jpg
f0070546_10293251.jpgf0070546_1030957.jpg

本日の滋味食メニュー。

①韓国風辛味焼き豆腐
②ほたてと白菜のうまみ煮
③炒り大豆入り雑穀ごはん
④わかめとじゃがいものおみそ汁
⑤きゅうりの漬け物

お豆腐を焼いてコチュジャンで炒めたの、ごはんによく合います。
ほたてのうまみで煮た白菜はいくらでも食べられちゃう感じ。
この白菜はまたまた丈の短い白菜。小ぶりで使いやすいですね(84円)。

炒り大豆は、フライパンで大豆を炒って、それを炊き込んだだけですが、
大豆の水煮を作るのに比べて時間がかからないのが魅力ですね。
しかも香ばしいし。ひと晩浸水して、ことこと炊いての手間がいらない。
水煮にあきたら、炒り大豆ってことにしようっと。

つくりかた
[PR]
by r-work | 2007-02-12 10:49 | まいにちのごはん

はちみつトーストパン

f0070546_2214835.jpg取材でお昼を食べそこねたとき、七味小路の琥珀亭や、中央ビル地下のマノンで、遅いランチとして食べていた「はちみつトースト」。

それぞれにちょっと味わいが違うのだけど、バタートーストにはちみつがじんわり染みこんでいるのが好きで、コーヒーたっぷりと味わうのが癒しの時間でした。

でも、最近はそんな時間はなくて、ああ、なんだか食べたいなと
思って、自分で作ってみることに。

これはパンは厚手でないといけません。

お店によっては、驚くほどの厚手を通り越したようなパンも
ありますが、トーストされてかりっとした部分と、ふんわりした
中身にまったりとはちみつが染み込んだ部分との対比がおいしさ。

トーストしてバターを塗り、包丁で切れ目を入れて、はちみつを
たらします。うーん。おいしい♪

コーヒーはいつも砂糖もミルクも入れないブラック一辺倒なので、
少し甘いパンと食べるとちょうどいい感じ。満足、満足。
[PR]
by r-work | 2007-02-11 22:17 | まいにちのごはん